ホーム > アコム他の過払いの仕組み

アコム他の過払いの仕組み

仕組みを知るアコム他へ過払い金請求したい!
でも、ちょっと待った。過払い金の仕組みを簡単に理解しておきましょう!
法律のことは難しそうで…という方も、概略だけは知っておいた方が、何かと便利です。

そもそも過払い金って何?


かつてはお金の貸出しに関する2つの法律がありました。
1つは利息制限法です
利息制限法の上限金利
10万円未満の場合年利20%
10万円以上~100万円未満の場合は年18%
100万円以上の場合は年15%

かつてはこの上限金利を超えても罰則はなかったので、アコムを始めとするレイク、アイフル、武富士など大手を始め、ほとんどの消費者金融はもうひとつの法律「出資法」の上限金利を採用していました。
出資法上限金利…年29.2%

この利息制限法と出資法の金利の間のことをグレーゾーン金利と言います。
例えば100万円を借りた場合、出資法での上限金利29.2%で借りていた場合、利息制限法の上限金利は18%までなので、この差分11.2%を取り戻すことを過払い金請求といいます。

利息制限法の上限以上で支払った金利は過払い


昭和39年以降、多数の最高裁の判例で利息制限法を超えて支払った金利は無効である、という解釈がここ最近は一般的となり、過払い金請求が盛んにおこなわれるようになりました。

さらに、2010年法改正により、利息制限法を超える金利は処罰の対象となったため、2010年以降の借り入れは過払い金の対象にはなりません。
ただし、ほとんどの貸金業者はこの法改正をにらみ、2007年6月ころから貸出金利を下げ、利息制限法の枠内で貸出しを行っているので、実際には2007年6月が過払い金の有無のボーダーラインとなっています。(もちろん2007年6月以降2010年まで、利息制限法を超える金利での貸し付けを行っている業者もあったので、詳しくは法律家へ確認ください)

過払い金は払わなくてよかったお金


年利29.2%の金利だと毎月の支払いはかなりキツイものです。
仮に100万円を借り入れた場合、年利は29.2万円、毎月に換算すると金利だけで24,000円ちょっと。
「なかなか元金が減らず、お金を工面するのが大変だった」という方も多いのではないでしょうか?
「借りたお金は返さなければ」という気持ちでなんとか生活費を切り詰め、時には他の借金までして、毎月の返済に間に合わせるような苦しかった記憶もあるでしょう。

もし、金利がもっと安ければ、そこまで苦しくなかったのに…という方もいるかもしれません。
払い過ぎた金利は、本来払わなくて良かった金利です。そう、あなたのお金なんです。

「過去のことは思い出したくない」、「とはいえ、当時は借りることによって苦しい時を切り抜けることができた」という理由で、過払い金を請求しない方もいるようですが、過払い金は払わなくて良かったお金です。
ぜひ、取り戻しましょう!

過払い金は黙っていても回収はできません


もしあなたが過払い金の該当者だとしても、黙っていては過払い金は戻ってきません。
個人でも手続きはできますが、相手は金融のプロです。
手間を考えたら断然、法律家に依頼した方が安く、そして安心です!!

過払い金に延滞利息を加算できる


過払い金は本来、自分のお金。
請求の際、延滞利息金5%を加算することが可能です。
仮に過払い金が100万円あったとすると、5万円。5年経過していたら単純計算ですが、25万円となります。

過払い金は全額戻ってこない?


過払い金は本来、自分のお金ですので、請求すれば100%戻ってくるのが当たり前の考え方です。
しかし、業者によっては100%戻って来ない業者もあるのが、実情です。
様々な業者側の事情や主張があるにせよ、満額返さない業者も存在し、時には裁判で決着をつけることもあります。

◆武富士破綻での過払い金の実情
アコムと同様、最大手の消費者金融だった武富士が破たんしました。
破綻する前に過払い金の請求をされた方は回収できたようですが、破綻してしまってからは管財人が間に入り、過払い金の該当者へ連絡を取り、数%の過払い金を支払ったようです。
当時、消費者金融の取り立ては社会問題となり、その隠し撮り録音された取り立てのシーンが報道されました。
借金地獄という言葉がまさに当てはまるような、取立人の罵声や追い込み。これらを死ぬ物狂いで、耐え返済した払わなくて良かった金利です。
その額が数十万円、数百万円の戻るはずの過払い金が戻ってこなかったわけです。
このように過払い金請求の対象の消費者金融が破たんしてしまっては、怒りの矛先がまったくない状態になります。
もし、ご自身が「過払い金あるかも?」と思われる方は、1日でも早く手続きをしないと、同じような悲惨な状態になってしまうかもしれませんね。

アコム過払い金の事情


アコムは2016年現在、100%回収が狙えるようです。
アコムは現在メガバンクの傘下で体力もとてもありますので安心?でも、日本代表するを大手家電メーカーが相次いで元気がなくなっています。メガバンク傘下とはいえ、未来は分かりませんね。
体力の無いなどの消費者金融は60%、50%、ひどいところは10%というところもあるそうです。
破綻する前に、急いで請求しないとですね!!

※詳しくは必ず法律家に確認ください。

アコム他の過払い金請求に強い事務所